「Can」と「Can't」は聞きづらいし、発音しづらいと思います。でも実は、その区別は簡単です。例えば、

I can play the piano.



I can't play the piano.

肯定文は、

I can play the piano.

と発音してみてください。少々おおげさにカタカナで書いてみます。「アーイ・キャン・プレーイ~」です。

次に否定文。

I can't play the piano.

「できない」を強調します。もう一度、少々おおげさにカタカナで。「アイ・キャーント・プレーイ~」です。

 これだけで、戸惑うことなく、聞き直す(聞き直される)ことなく会話を続けられますね。

20180523 Reese Vogel-002
「タイでも日本の皆さんに英語を教えています」。

日本語を話す英語の先生
フォーゲル(Reese Vogel)先生

 米国フロリダ州出身。1997年から3年ほど徳島市の中学校で英語指導、その後5年ほど東京都大田区の英会話スクールで主に小中学生に英語指導。その間に日本語を習得。タイ滞在11年、タイでも一貫して英語指導。