同連載で以前、「単語ひとつで大違い」の表現を取り上げました。単語ひとつで大違い 必ず身に付く一言レッスン - 英語編(12) 今回ももう少し、そんなちょっと違うだけでだいぶ違ってしまう表現を見てみましょう。

1)正解は複数です。

 ● Congraturation !
 ● Congraturations ! ← 複数です。忘れる人が多いのです。

2) ここが好きです。

 ● I like here.  ← 部位が好き。例えば二の腕を指さして、「ここが好き」。
 ● I like it here. ← 場所が好き。必ず「it」が入ります。

3) 寝るのか? 眠るのか?

 ● What time did you sleep last night ?   ← 日本語で言う「眠る」になってしまいます。
 ● What time did you go to bed last night ? ← 「寝室に入る」「横になる」で眠りについたではないですね。普通の会話では、こちらになるでしょう。

20181003 Phromjai, Sukhumvit, Bangkok, Thailand-002
Congrats ! と略すときも複数形です
日本語を話す英語の先生
フォーゲル(Reese Vogel)先生

 米国フロリダ州出身。1997年から3年ほど徳島市の中学校で英語指導、その後5年ほど東京都大田区の英会話スクールで主に小中学生に英語指導。その間に日本語を習得。タイ滞在11年、タイでも一貫して英語指導。