今日は「予約」や「アポ」を意味する単語の正しい使い方を覚えましょう。タイ語では多くの場面で「booking」の単語が使われ、「ブッキン(グ)」というタイ語にもなっていますね。

予約は「Reservation」か「 Appointment」か?

Reservation=席や部屋といった「場所」の確保です。ホテル、レストラン、 飛行機の席、 コンサートの席などなど。

予約をしたいのですが」 → I’d like to make a reservation.
予約できます?」 → Can I make a reservation?
~時に予約をしたいのですが」 → I’d like to make a reservation at ”何時”
~名で予約をしたいのですが」 → I’d like to make a reservation for ”何人”
~曜日に予約をしたいのですが」 → I’d like to make a reservation for ”何曜日”

Appointment =「」と会う約束です。病院のお医者さん、弁護士さん、お客さんなどなど。

予約をしたいのですが」 → I’d like to make an appointment.
~さんと予約をしたいのですが」 → I’d like to make an appointment with ”誰々”
~時に予約をしたいのですが」 → I’d like to make an appointment at ”何時”

  「Schedule an Appointment」とも言いますね。でも、日本の方のように、「アポ」とは略しません。

20190619-001
「Reservation=場所、Appointment =人、と覚えれば簡単です!」

日本語を話す英語の先生
フォーゲル(Reese Vogel)先生

 米国フロリダ州出身。1997年から3年ほど徳島市の中学校で英語指導、その後5年ほど東京都大田区の英会話スクールで主に小中学生に英語指導。その間に日本語を習得。タイ滞在11年、タイでも一貫して英語指導。