ネクサス MEIRIN

ネクサス MEIRIN イメージ画像

フォーゲル先生(英語)

 日本語のやり取りで、ある質問に対して「はい」か「いいえ」と答える場合、相手が口にした文章に対して「はい」なのか「いいえ」なのかを表現します。ですので、英語の否定疑問文に対する答えも日本語の感覚で答えてしまうパターンが多く、結果的に反対の意味になってしい
『大丈夫なのにダメと答えてしまうパターン 必ず身に付く一言レッスン - 英語編(19)』の画像

 今日は「予約」や「アポ」を意味する単語の正しい使い方を覚えましょう。タイ語では多くの場面で「booking」の単語が使われ、「ブッキン(グ)」というタイ語にもなっていますね。予約は「Reservation」か「 Appointment」か?Reservation=席や部屋といった「場所」の確保
『Reservationと Appointment、「場所の確保」か「人との約束」か 必ず身に付く一言レッスン - 英語編(18)』の画像

 同連載で以前、「単語ひとつで大違い」の表現を取り上げました。単語ひとつで大違い 必ず身に付く一言レッスン - 英語編(12) 今回ももう少し、そんなちょっと違うだけでだいぶ違ってしまう表現を見てみましょう。1)正解は複数です。 ● Congraturation ! ● Congr
『ちょっと違うだけでだいぶ違ってしまう表現 必ず身に付く一言レッスン - 英語編(16)』の画像

 日本語のような早口言葉が英語にもあります。「Tongue tiwsters」といいますね。英語を発音するための口や下の動きを覚えるのに役立ちます。ここでは一例を挙げてみましょう。* Thin sticks thick bricks. = 「薄い棒、分厚いレンガ」  「Thin」は舌を出して発音しま
『英語にもある早口言葉! 必ず身に付く一言レッスン - 英語編(15)』の画像

↑このページのトップヘ

 (C) 2017 Copyright Nexus Meirin & Phromjai Language School. All right reserved.