バンコクから世界に羽ばたくお手伝いをします。

 matsuda-1 バンコク バンコクに来て18年、マンションの一室から始めた当塾も創立3年目より、タイ文部省から語学学校としての認可も取り、多くの帰国生を送り出してまいりました。さらに創立10年目より一人ひとりに目を向けた指導を目指し、「ネクサス明倫」と塾名を変えてスタートすることになりました。これからも初心を忘れず、一人一人を基本と考え、生徒全員の飛躍の手伝いができればと思います。新たな出会いを待っています。

塾長 松田賢憲

ネクサス明倫の由来

 matsuda-2 NEXUSとは、連結、結びつきといった意味で、生徒との絆を築き上げていきたいという気持ちで塾名を選びました。また類語としてNewsあるいは NextとSucessの造語という説もあり、文字通り生徒たちの新たなる次の成功を助けていきたいという思いも含んでいます。またネクサスのあとに続く明倫は前身の泰明倫館から取っており、元々は私の出身地である山口県の藩校であった萩明倫館から、世界を見つめ羽ばたいていってほしいという意味合いで取っています。